【初心者】Google AdSense 「ads.txt ファイルの問題」修正【さくらインターネット】

こんにちは、山口です。

 

Google AdSenseは利用されていますか?

利用してますよね(笑)

設定しておけばある程度の収入になります

規約に違反しないサイトであれば設置がおすすめです

 

少し前からですが、このグーグルアドセンスの画面で警告が出てました

今回はこの警告の消し方について説明いたします

 

ちょっと探してみるとさくらインターネット向けの情報が少なかったので

さくらインターネットを利用されている方向けの情報を主に書いてみます

 

AdSenseの警告

ada.txtの問題を修正してください

少し前からグーグルアドセンスの画面にこんな警告が出ていました

収益に重大な影響が出る・・・

怖いですよねこんな言い方されたら

 

しかも、「ads.txt ファイルの問題を修正してください」

と言われても、ads.txt ファイル自体がわからない人も多いでしょうし

問題って言われても、どこが問題なのかわかりませんよね

 

この警告はどういう事を意味するのでしょうか?

 

警告文の意味

ads.txtとは

ads.txtとはいったい何なのでしょうか?

 

インターネット広告業界では数年前からads.txtの話題が度々あがっています

 

インターネットの広告が出る枠がありますよね

それを悪用してインプレッション(広告表示回数)を

多く見せるといった不正が増えました

 

この不正で実際より多く広告が表示されたと認識されると

広告主(商品販売元の企業)は実際より多く広告料を支払う事になります

 

こういった不正から広告主の保護の為にできたのがads.txtファイルです

 

ads.txtファイルの役割

これを詳しく説明してしまうと

初心者にとってはちんぷんかんぷん(死語?)

になってしまうので、わかりやすいように簡潔に説明します

 

専門家からすると「ちょっと違う」となるかもしれませんが

あくまでもイメージでこういうものだと理解する為のものです

 

ads.txtはあなた固有の情報が入力されており

あなたのサイトの広告の権利があなたにある事を確認する為のものです

 

ads.txtが無い場合、あなたがブログに掲載した広告の情報を偽装した

「悪意ある第3者」が嘘の情報を与える事により

あなたへ入るはずの報酬を「悪意ある第3者」が受け取るばかりか

インプレッション不正により莫大な利益を得る事になります

 

これを防ぐために、あなたのブログにある広告の権利が

あなたにある事を確認する為にads.txtファイルを設置する

 

Google AdSenseの警告はこの設置を勧めているのです

 

設置は必須なのか?

Google Singaporeにいる知人に確認してもらったところ

「googleの場合はまだ必須じゃないけどおすすめしている」

との事なので急ぐ必要はありません

 

ですが私のように

「なんか警告出てて気になって嫌だ」

って言う人もいると思います(笑)

 

なので、この警告の消し方

つまりads.txtファイルの設置方法を説明します

 

ads.txtファイルの設置方法

ads.txtファイルの作成、またはダウンロード

ads.txtファイルの作成方法

ads.txtファイルの作成自体は簡単です

ただ注意しなければならない点がいくつかあります

 

・メモ帳などで「ads.txt」というファイルを作成する

これはテキストエディタであればなんでもいいですが

ウィンドウズアクセサリにあるメモ帳でも十分です

メモ帳を開いたら下記の情報を入力してください

  • 広告配信システムのドメイン名
  • サイト運営者のアカウントID
  • アカウントタイプ
  • 認証機関ID

この4つを順に記載します。

と言ってもよくわからないですよね

Google AdSenseの場合は下記の様に記入してください

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

[pub-0000000000000000]の部分はサイト運営者のアカウントID

を記入します。

AdSenseヘルプのサイト運営者 ID を確認するで確認できます。

 

ads.txtの保存について

保存する時の確認事項と注意するところをお話します。

 

作成していただいたads.txtファイルを保存するときに

「名前を付けて保存」を選んでください

ファイル名を「ads」と記入すると、ads.txtファイルができます

そして文字コードのところから「UTF-8」を選んで保存してください

(BOM付き)ではない方です。

後できちんと設置出来ているか確認するんですが

このあたりで間違えていると

こんな感じで指摘されますので間違えないように保存してください。

 

ダウンロードする場合

 

このような画面で「ダウンロード」が表示されている場合は

「ダウンロード」をクリックしてください

先ほど作成したads.txtと同じものがダウンロードされます

これをアップロードすればOKです。

ads.txtファイルのアップロード

アップロード方法(さくらインターネットVer)

さくらインターネットのサーバーコントロールパネルへアクセスしてください

 

 

左側のメニューにある「ファイルマネージャー」にアクセスしてください

すると下の画面が表示されます

 

 

さくらインターネットの場合、

「home/#あなたのドメイン#/www」に作成したデータベースがあります

今回ads.txtファイルを設置するデータベース名を右から選んでください

 

 

すると次は右にたくさんのファイルが出てきます

ここに先ほどのads.txtファイルをアップロードしてください

上書きしていいか確認が出た場合は上書きしてください

(既にアドセンス登録をしてあるサイトの場合は上書き確認が出ます)

 

これでとりあえずads.txtファイルの設置は完了です

 

正しく記載出来ているかチェックする

アップロード出来たら正しく記載されているかチェックしましょう

ads.txt 管理

上記のサイトで自分のブログのURLを入力してください

すぐに診断してくれます

 

このようなメッセージが出たら対応が必要です。

 

“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください

このメッセージが出た場合は、

ads.txtファイルの文字コードがUTF-8以外で作られているので訂正が必要です

ads.txtの保存についてを参照してください

先ほど作成したファイルをもう一度「名前を付けて保存」を選択して

文字コードを「UTF-8」にして保存、再度アップロードしてください

 

・BOM(byte order mark)が挿入されています・・・

このメッセージの場合は、文字コードはUTF-8でも

BOM付きと言うスタイルにしてしまっている状態です

これもads.txtの保存についてを参照してBOMを外してください

 

上記2点を対策しても

が出る場合があります。

 

その時は、ファイルマネージャーで

先ほどads.txtをアップロードしたところにある

.htaccessを編集して下記のコードを入れてください

.htaccessをダブルクリックすると

左下にあるプレビューに内容が出てきます

 

ペンのマークをクリックすると編集画面が出てきます

<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>

上記のコードを#ENDの上のスペースに下図のように記入してください

これでもう一度

ads.txt管理のページ

でチェックしてみてください。

 

注意書きが消えて、下部に〇が出ていれば完了です!

 

ここまで完了しても、AdSenseの画面にある警告はすぐには消えません

Googleのクローラが24時間ごとのクロール試行を行う関係で

24時間以内に消えてくれるはずです!

 

まとめ

ここまで説明しておいて言うのもなんですが、

現状ads.txtの設置は必要ではありません

Google AdSenseもおすすめしているだけの状態です。

 

間違った設置をして放置してしまうと、そのサイトでの広告掲載が

ストップしてしまう場合もあります。

 

私みたいに「警告出たままってなんか気持ち悪い」

なんて思わない人は設置せず放置でもまったく問題ありません

 

と言うのも大量なPVがあるようなサイトでないと

設置してもあまり意味がないからです

 

十分気を付けたうえで作業を行ってください

 

[temp id=2]
山口諒をフォローする
 data-src=

  Tiger Affiliate メールマガジン

時間にも、お金にも、誰にも縛られない
あなたのそんな自由な生活への第一歩となるメルマガ講座です
講座へはどなたでも無料でご参加いただけます。
「月収を5万円アップさせたい」「将来の不安を無くしたい」
あなたの勇気ある一歩があなたの夢を現実に変えてくれます!
ご登録は下記のボタンからどうぞ!

CTR IMG